FC2ブログ
信楽焼見学
- 2019/03/20(Wed) -
信楽たぬき1 信楽たぬき2
信楽焼の浴槽を計画中のセカンドハウスの露天風呂にとの事で、本物を観てサイズと形状を検討するのが目的
早朝より複車線完成した高速道を使って一路滋賀県へ
来たついでに、陶芸の森の見学
大津市へ寄り、叶匠寿庵本店の見学まで・・・・

 新名神の宝塚SAで大型店舗の見学まで済ませる

信楽たぬき3 信楽たぬき4

信楽浴槽1 信楽浴槽2

信楽浴槽3 信楽浴槽4

信楽浴槽5 信楽浴槽6

叶匠寿庵1 叶匠寿庵2

叶匠寿庵3 叶匠寿庵4

陶芸の森1 陶芸の森2

陶芸の森3 陶芸の森4

陶芸の森5 陶芸の森6

陶芸の森7 陶芸の森8













スポンサーサイト
この記事のURL | 現場リポート・環境 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
サルが見ている
- 2019/02/27(Wed) -
沈丁花の咲く頃2  サルが見ている2

2017年に設計した五名の薪小屋がここにきてやっと基礎着工
土木工事の造成と駐車場工事を終えて、勾配のついている土間の上に基礎を作る墨だし・・・準備
基礎を造り、3月中旬までには上棟の予定

五名の現場に来る途中、道路脇の田んぼに10匹ほどのサルの群れ
車を停めてカメラを構えるころには、周辺に逃げ出してたちまちいなくなる・・・・・・そして田んぼの淵からこちらを覗いている
警戒心が強いのか、臆病なのか、厚かましいのか?
サルの生態に慣れていない身としては、興味が湧く・・・・・

事務所の横の沈丁花は咲き始めたので、枝を切り取り、紅白の枝を生けてみた
柑橘系の香りが漂う机の上、
五名の山々ではスギ花粉が飛び始めていますが・・・・・まもなく春です

薪小屋墨だし開始2  五名小学校跡地21


この記事のURL | 現場リポート・環境 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
古文書講演会とプチミュージカル
- 2019/02/11(Mon) -
公文書館講演会2

県立公文書館で開かれた、 歴史講演会「歴史資料が語る真実」 に参加して 本郷和人先生の講話を聴いた
約110分間のうち、30~40分間はTV番組に対する、苛立ちを覚えた本日の電話から私見を述べられた
『 TV番組は 99% 嘘です~』 作られている番組制作会社のこと、視聴率優先で内容が吟味されていないことなど
非常識なことを当たり前として、対応する人々の製作集団だと・・・・感情的に話された
聞きながら、なるほどと納得する部分がずいぶんあったので、今後のTVなどメディアに対する考え方を再検討するきっかけにもなった話が始まりでした

そして本題の歴史資料については、本郷先生が鎌倉~室町・戦国時代までの中世を専門とされているので
そんなくくりで研究する題材が日本史にはあるのだと思いつつ聞く

世界の中でも日本は歴史資料が一番残っている国柄だと
専門の鎌倉時代の資料を調べて、編纂する作業の時間的な大変さを説明されて・・・・・納得

資料を読む ⇒ 史実を復元する ⇒ 史像をうみだす ⇒ 史観を想像する

例の崩し字を読み下すだけでも大変なのに、活字にされた漢文をすらすらと読み下すことろはさすが専門の先生だと感心
武士そのものについても、時代の変遷とともに解釈がずいぶん違っていることを知るいい機会でした

この公演が公文書館で終わってから、そのまま三木町交流プラザまで車を走らせ
 プチミュージカル 「私のあの消えた 赤い風船」 を観る

地元では人気があるのだ・・・・800席がほぼ満席状態
例年のことながら、
最後の小学六年生の女子がお礼のあいさつで述べられる話に感動させられた

色々楽しめる事満載のミュージカル、スタッフの方達・・・・本当にお疲れ様でした
また来年も楽しみにしています

三木町文化交流プラザ1   プチミュージカル2



この記事のURL | 現場リポート・環境 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヒッチハイク
- 2019/01/07(Mon) -
堆肥舎1  梅開花2

長さ90mの中山町の堆肥舎棟はほぼ完成、隣の牛舎を建設中
見下ろすと、木立の中にピンク色の花の群れ・・・・早い梅の開花でしょう
もうすぐ冬を通り越して、春の知らせのようです

ドームの中も着々と工事が進んでいる関係上
駐車場の位置も、だんだん追いやられて、現場から遠ざかっている

さぬき市へ帰宅途中に11号線の番町で見かけた<鳴門>とプラカードを掲げた青年が車道に向いてヒッチハイクをしていた
一度は通り過ぎたが・・・大学時代によくヒッチハイクをしたことを思い出して、フェリー通りから古馬場を抜けて再び、11号線のところに戻り、そのヒッチハイクの若者を乗せた
さぬき市津田までのつもりだったが、中山町の打ち合わせが早く終了したので、鳴門の高速道路入り口まで乗せて送る・・・

今年25才になる札幌から来たヒッチハイクの若者と話をしながら、私が20歳の頃、博多の国道三号線に立ち、ヒッチハイクをして延々・・・・東京の上野まで何度か行った頃を思い出していた。
ワラジヤの地図と米軍の放出品の寸胴のバッグに衣類を入れて、何台ものトラックを乗り継いで、夜中に・・ポンと上野駅の駅前に降ろされた事を思い出したり。銀座。新宿を見物していたころを・・・ 
新幹線も九州まで来ていなかった。
高速道路も、神戸からしか開通していなかった。
期末試験が終わったわずかな休みの時に・・・・遠くへ思いを膨らませてきたころ
ラジオからフォークソングが流れ
映画「イージーライダー」や  ジャック・ケルアックの小説「路上」 小田実の「何でも見てやろう」 に感化されていたころだ。
携帯もなく、ナビもない時にとにかく東京や京阪神の空気に触れたくて、ヒッチハイクをしていたと思う。
そんな 様々な時代の変化を思いめぐらせてヒッチハイクの若者と車中話をしていた。

週末には、成田からアイスランドへ友達と旅立つと話されていた、
ヒッチハイクの A君の顔には 未来に対する漠然とした夢と希望に満ちているように・・・その瞳は輝いていた
しかし残念ながらブログに掲載を本人の了解を得ていないのでサングラスを描いて加工し掲載させてもらう。

ドームの中43  ドームの中44

ヒッチハイク1  ヒッチハイク2


この記事のURL | 現場リポート・環境 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
鵜(う)
- 2018/12/28(Fri) -
屋根葺き工事1

屋根葺き工事を数人の職人さんが寒風の中、少しづつ上に向かって作業をしている。
足元が不安でも、安全ネットは時代的に不可欠。この下のネットに落ちて助かった人を見かけたことはないが、下にネットがあるだけで安心するものだ。

事務所隣の西代川には先日から 鵜 が来ている
懸命に水に潜って小魚を食べているのだろう

橋の上に立った時
ちょうど水中で泳いでいる鵜 を上から見えたので・・・・カメラを向けた
そのことが鵜には人影で分かったのだろうか?
水面に浮かんできて、飛び去ってしまった。
近くで工事をしている土木業の職人さんもそれらしいシーンを何度か見ていたと、その日に話してくれた

鵜0  鵜1

鵜2  鵜3


この記事のURL | 現場リポート・環境 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
50年前から
- 2018/12/24(Mon) -
ダイアン

『ところで、このお店はいつからされているんですか?』
『もう50年前からです~』
『それじゃ~市立体育館も前に建っていましたね~』
『え~そうですよ、そのころ野球場もありましたよ』

このお店の建物や市役所も新しく建て替わりましたけど、そのころのお店はほとんどなくなりましたね~

「ふれあい寄席」の開演時間までの時間調整のために立ち寄った喫茶「ダイアン」
ゆっくり一人で本を読みながら時間を過ごせる場所が欲しかった
でもなかなかないのだと、諦めかけていたが、地下駐車場に入る前に視界に入ってきて、行ってみようと決めたお店
日曜日の午後、人通りも少ない公園の前、ゆっくり「岸見一郎著「嫌われる勇気」 が読めた

土曜日の生花は「色彩盛花様式本位」 万年青(おもと)を正月らしく生ける

Mさんのリフォーム工事は、大工さんが休日返上で働いていただき、やっと完成
ホット安心して・・・・・クリスマスが迎えられる

柳家さん橋1  色彩盛花様式本位直立型

桧縁甲板  桧縁甲板完了2


この記事のURL | 現場リポート・環境 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
主観的な聞き取り
- 2018/12/20(Thu) -
サンプル帳

近所のリフォーム現場
年末までに仕事を済ませてほしいと、夏頃から言われていた Mさんの応接間
カーペーット敷きの床下がふわふわに傷んだので、縁甲板に張り替える工事

ダイケンのサンプル帳と桧のムク板のサンプルで素材の相談をして、桧の上小節に決定していた
そこで、大工さんには桧の上小節の縁甲板に決まりましたと・・・・電話で伝えておいた・・・・つもりだった

いざ、工事をする今日になって、大工さんが車に積んできた材料は12mmの合板縁甲板の商品だった
途中で、話をしながら床を剥いでいると・・・・・どうやらお互いが認識している商品が違う??
そこで、私がその決定したサンプルを事務所から持参すると・・・・・大工さんとやっと違うことが理解できた

仕方なく、無垢材のヒノキの縁甲板を新たに寄せることになった
納期は、土曜日ごろらしい・・・・
そこで施主の、Mさんには断りを入れて・・・・・日曜日か月曜日に工事になるかもしれないと
商品の認識違いをお詫びして・・・・・・待ってもらうことにした
慌ただしい・・・・・・床のリフォーム現場が続く・・・・

私の電話での伝え方がイージーだったのか? 電話を聞き取った大工さんが早合点したのか?
サンプルを頂いた、経緯が、合板が先で、後程仕入れの違う代理店の人が無垢材のサンプルを持ってきてくれた
その順番が、間違う原因にもなっていたのか?
念押しして、品番まで再確認しなかったことが・・・・いけなかったのか?  反省材料はいくつも思い浮かぶ~~

リフォーム開始2  リフォーム開始4

この記事のURL | 現場リポート・環境 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
体操教室
- 2018/12/17(Mon) -
体操教室1

今月から10か月間、月一度の体操教室に参加することにした
今日はその第一日目
今年特定検診を受信した人にさぬき市保健指導課から案内があったので、事前に申し込んだ
特定検診の受診時の内容は、さぬき市の方に知らされている
個人面談を事前にしながらヒヤリングも丁寧にしてくれた

希望としては、中性脂肪がもう少し・・・低くしたい
腎臓の数値をもう少し低くして・・・・常の生活、食事内容は塩分控えめに
等と指導を受けながら

今日は、インストラクターの先生が元気よく一時間汗が出るほど
体操を教えて頂いた
特に腰回り、下腹部の脂肪を取り、姿勢の正しい練習を指導してくれた
それにしても、元気のよい先生で、終始みんなの表情を見ながら、少し無理をする
そんなことを励ましながら体操を教えてもらった

足の指を五本の指で交差させるように摘まんでマッサージする・・・・痛いの何の・・・
足の指や足の裏の体操はしたのは初めて
初めて知る、体操ばかりでした
メインは 腹部のシェープアップ
腹筋をつけながら、背中も足も柔らかく・・・・納得しながら汗をかかせてもらった

この記事のURL | 現場リポート・環境 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
逆の見方をしてみる
- 2018/12/14(Fri) -
くたびれた煙突

いつも、山の上から瀬戸内海を見下ろしている
その視界に入るところから、今の場所を見返してみるとどんなふうに見えるのだろうか?
そう思い、山の上からの帰り道は、香西北町の海岸沿い車を走らせた

そして見えてきた、くたびれ果てたレンガ煙突・・・・
今度台風が来たら、きっと倒壊するのではと思わせるほど、中間部のレンガは崩れている

そして、海岸に出て、南を見上げると、どこが現場かわからない
それでもしばらく眺めていると、それらしいドームの形状が白く見えて、現場のクレーン車の姿も見えてくる

全く違う、景色だと思いながら、堤防の上からカメラを構えた

山から香西海岸  香西の海岸から中山町

この記事のURL | 現場リポート・環境 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
風の吹く丘
- 2018/12/07(Fri) -
調和体1月

山の上では、強い風が吹き抜けていた。  地上ではこれほどでなかったと想いながら屋根の上を見ると
波板は置かれたままで、葺き始めたエスロン材料は透明で透き通りほとんどないように見える
職人さんたちは、風のせいで昼から・・・帰られたという
市内より2~3度温度が低いと思う

大きなコンクリート製の受水槽、鉄筋を組み立てられたお陰で、やっとその大きさが理解できる

『センセイ!・・・ テレビ見たで~・・・・』 背中のほうからダンプの運転手が走り寄ってきた
そうだった・・・・NHK高松の夕方の番組に投稿しておいた写真が放映された
そこで写されていた、運転手さん
にこやかに溌溂と声をかけてくれたので、励みになっているように受け取ってくれた風で、嬉しかった

昨夜の書道稽古 正月用の調和体 稽古

堆肥舎土間コンクリート1  受水槽鉄筋3

この記事のURL | 現場リポート・環境 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ