FC2ブログ
松山と生花稽古
- 2019/06/22(Sat) -
坂の上の雲ミュージアム1 坂の上の雲ミュージアム2

20日と21日は松山で倫理法人会の講話
木曜日の夜は松山・大街道商店街nトルコ料理のお店で夕食
大人と子供のチップをどうぞという・・・・お店のベリーダンスもあり楽しい一夜を過ごす

金曜日の朝にはホテル前の『坂の上の雲ミュージアム』を久しぶりに見学する

そして本日の生花の稽古は 瓶花・直立型  
ソケイとバラの 2種生け

四国新聞社東讃支局の前の植え込みで見かけたコクチナシの花
甘くいい香りを漂わせて咲いていた

トルコ料理店1   トルコ料理店37

クチナシの花3 そけいとバラ34



スポンサーサイト
この記事のURL | 現場リポート・環境 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
曇りの朝
- 2019/06/19(Wed) -
曇った朝34 墓の蝶々2
昨夜から・・深夜に山形県新潟県で大きな地震があったとTVラジオは繰り返し放送している
日の出の頃、東の空は重い雲に覆われてうっすらとほのかに上空がピンク色に染まってそのことが朝を知らせてくれた
三本松のお墓参りで見かけたシジミチョウが、ずーっと動かず何か知らせに来てくれたのだろうかと・・・見つめる

中山町の現場視察では、サツキツツジの群生が見事に開花して目を奪われた
明日は福岡にいる、次女の30歳の誕生日
プレゼントの品を丸亀町商店街・ヨーガンレールのアクセサリーから選ぶ
さて喜んでくれるでしょうか?

サツキつつじ4 ヨーガンレール2


この記事のURL | 現場リポート・環境 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
アンティーク水平器
- 2019/06/18(Tue) -
ロンドンアンティーク56 ロンドンアンティーク67

メイドインイングランドと刻印された曲尺が昨年の品物、そして今年の父の日の長女からのプレゼントは同じロンドンのアンティーク店の水平器
よく見ないと、中の気泡が揺れているのが分かり辛いシロモノ
どれも、真鍮と木製のコンビ
イギリスの品物はこんな風合いなのかと感心するやら、納得するやら

事務所の道路沿いのランタナは満開
センニチコウ。ガクアジサイも ダンスパ-ティーも スカシユリも今が見ごろ

ライカのカメラでなく SONYのα6500 で木村伊兵衛さんを連想しながら・・・・写す

ランタナ満開1 センニチコウ3

スカシユリ43 ダンスパーティー 23

木村伊兵衛の僕ライカ





この記事のURL | 現場リポート・環境 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
安山岩の地層
- 2019/06/10(Mon) -
朝日22 造成工事 6

造成工事をしている山の上の地層は、ボーリングデータ通りに風化した安山岩です
深く掘れば、密度の高い安山岩でバイブレーターなしには掘削ができない
建築の基礎工事を専門にしている土木の工事業者さんでは太刀打ちできないので、
慣れている土木の専門業者さんにお願いしている

 建物の基礎をする前に、ある程度支障なきように土留め等を済ませようと・・・・進めている

大川オアシスから絹島がすっきり見えるが、その向こうはモヤの中
今朝のどんよりした東の空は瀬戸内独特の霞がかかったような・・・・・霧の向こうのまだ見ぬ世界を想像させる日の出
テオ・アンゲロプロス監督の 『霧の中の風景』 を思い出しながら・・・・



造成工事 4 造成工事 5


この記事のURL | 現場リポート・環境 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ショールーム再見学
- 2019/06/07(Fri) -
ユニットバス壁面1 ユニットバス壁面2

現在進行中の山の家、衛生陶器などの再確認のため、クライアント夫婦とショールームに予約してうかがってきた
少しの色の検討のことでも、目で見て自分で決める満足感を得るには、この過程は避けて通れない
すべて設計者にお任せという人もいるが、少しぐらい決めさせてほしいという要望もある

そしてこの建物造りに参加意識が高まる・・・・・竣工まで
この記事のURL | 現場リポート・環境 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
駐車場の白線
- 2019/06/04(Tue) -
白線機械1  [広告]

坂出のマンションの駐車場
ライン引きのし直し リフォーム工事
白線引きの機械は、操作が複雑そうだが、手際よくいろんなレバーを操作しながら・・・・・ライン引きができる

職人さんの手際よい操作を見るのはこの仕事をしていて、楽しい見学の・・・・時でもある

我家の庭に蝶々が羽を傷めて・・・・バタついていたのが・・・・痛々しい!  朝見た景色

落ちた蝶2  [広告]

この記事のURL | 現場リポート・環境 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
パソコン修理
- 2019/05/30(Thu) -
クーラー故障2 クーラー故障完了3



パソコンの動きが悪いので、昨日レインボウーのパソコン工房へ持ち込む
修理に半日かかるとの事で、クーラーファンの取替とメモリーの増設等をお願いした

お店の人の丁寧な説明に納得しながら・・・・半日、パソコンはノートパソコンで過ごす

でも本日、持ち帰って、起動させるまでにケーブルはすぐに接続できたが
ネット接続がお店でしていたように動かない・・・・・
何度か電源を落として、再起動を繰り返し
やっと動くようになった・・・・・・データは問題なく動くようになったがずいぶん前からファンは動かなくなっていた模様で
こんな状態で、よく稼働させていたものだと、ハラハラさせられた・・・・・・

庭のデンドロビウムは綺麗に開花中・・・・・

      パソコンケーブル2     デンドロビウム・ヨウコウ2

この記事のURL | 現場リポート・環境 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
新緑の渓谷
- 2019/05/24(Fri) -
霧の森渓谷23 別子銅山記念館19
川底の小石がきらきらとかがやき、透き通るせせらぎが流れる谷あい
深い緑の中に輝く新緑の緑が心までリフレッシュしてくれそうな空気につつまれたくて
仕事の合間を縫うように時間を取って新宮の霧の森の渓谷まで行ってきた
ここは四国の真ん中あたり
山の険しさは、香川にいては観ることができないと思いながら見上げる角度で山の尾根を観る

ここまで来たついでに、新居浜の別子銅山記念館へ20年ぶりに尋ねてみようと足を延ばして
まだサツキの花が所々に残る記念館の屋根を見上げながらコンクリートの打ち放しの壁の中へ

ここに来ると、23~24歳ころの日建設計でのことを思い出す
寺本さんはpタイルの床に紙を広げて原寸でこの建物か?鉄鋼会館の定礎をスケッチしていた
横で横川さんも現場の最終決定事項をスケッチしていた
当時、このコンビは大阪日建設計のエリートでした
別の建物の設計グループで一緒に机を並べていた時
『このハンマーがビシャン、せっかくなので,記念に分けてもらった…』と言いながら
新居浜の現場から帰ってきた横川さんはそのハンマーを私達新人に見せてくれた

床のタイルの眠り目地のこと全体を埋めるようにプロットした発想のこと
いくつも聞かされたことを思い出しながら、薄暗い展示空間を眺めながら
脳裏には四十数年前の大阪淀屋橋の  住友グループのビル群の中で働いたことを鮮明に思い出す
後に・・・難波のスイスホテル南海。東洋陶磁美術館。ホテルニューオオタニ。山陰合同銀行本店。西鉄天神ソラリア etc
建築界の賞をいくつも受賞する

この建物を訪れると、本当に懸命に仕事をしていたその先輩たちの背中を思い出す



この記事のURL | 現場リポート・環境 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
土曜日のこと
- 2019/05/18(Sat) -
未明の火事2 瓶花43

土曜日の未明に近所の火事があった
夜中の火事のサイレンは覚えていなく、生花の稽古のために三本松へ向かっている時に横を通りかかり
その惨事を知った

悲惨な光景を見た時は、気を付けようと思う瞬間だ

午後から文化会館で 高松つながり寄席

直接見るのは初めての方ばかり
期待していた漫才(米粒写経)は、それほどでもなく
気にも留めていなかった、真打のお二人は、流石でした
橘家文蔵さんは静かな語り口が聞き入ってしまう話芸
三遊亭兼好さんは、歯切れのいい声が小気味よい語りっぷり
いずれも、中堅どころならではの噺家でしょう
お二人を思い出しながら、先入観なしに聞き入って観るものだと・・・思う

盛花43 高松つながり寄席2


高松つながり寄席3 高松つながり寄席1



この記事のURL | 現場リポート・環境 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
職人の道具
- 2019/05/15(Wed) -
水曜の日の出3 水曜の日の出4

今朝の東の空
雲を染めて茜色に広がる朝日が美しい

建具の調整に再度来てくれた I さんのノミの道具を見ながら
『この一番ちびているノミは何と言うノミですか?』私

『あーそれは、一寸のみで、おやじの代から使っているものです』 I さん

砥石で研ぎながらここまで削られてきても、30年今でも現役の道具
ジュラルミンのケースに入れて大切に使い込まれている
ついつい目を奪われる

庭にはバラが満開です

ノミ32 バラ満開3


この記事のURL | 現場リポート・環境 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ