FC2ブログ
海をながめて
- 2018/11/15(Thu) -
海を見つめて1

抜けるような空の下遠くの島々を見ながら携帯電話を片手に誰かと話し込んでいる 運転手さん
工事現場では、毎日のようにコンクリートミキサー車、ポンプ車、ユンボ、ダンプカー等大型車が構内を 走り抜けている
ひと段落したときでしょうか?
ゆっくり話をしたい用件があったのでしょうか?

眼下に見える瀬戸内海の島々を見ながらゆったりと電話を片手にしている姿は 

『この正月の帰省は いつ頃になるんや~?』
『・・ちゃんは元気か?』
『ただいま・・・・一服中や~!  』

瀬戸内の島々を見つめる背中がそう語っています   :中山町の現場
(遠くに見えるのは岡山県、近くに見えるのは直島)

三木田中のリフォーム現場近くには、コスモス畑がまだ残っていました
横では、庭師さんが 松の木を剪定中、 お正月を控えて頼まれた仕事でしょうか

そして、一昨日完了した庇垂木のステンレスカバー取付
綺麗に収めてくれました

今日はエアコンの設置、配管と電気工事が気になるところ
もう少しの間・・・気を緩める事なく  進めたい。

三木田中コスモス畑  ステンレスカバー3





スポンサーサイト
この記事のURL | 現場リポート・環境 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ビル清掃
- 2018/11/12(Mon) -
夜明け4

新しい一週間が始まった、事務所へ行くときに東の空が 薄桃色に染まり始めたので
カメラを準備して、大川オアシスまで車を飛ばす・・・・日の出前の北山の稜線が綺麗だったので 見とれてしまった

昼過ぎに、四国新聞社で開催中の四国書道展(1期)を観に行く
中央道路を挟んで向かいのビルでは、ロープだけを頼りにヘルメットをかぶった職人さんがガラスの清掃中
下ではパートナーらしき一人がロープの端を持っている
処で、あの職人さんはどのようにして12階の上まで登ったり下がったりするのだろうか?
降りるのは、ロープの操作でロッククライミングの要領で下がるのだろうが、昇るのは果たしてどのようにするのか?
疑問だった
帰り時間に、ちょうどその職人さんが下りてこられたので、ロープの扱いと共に昇り方を尋ねてみた

『どのように昇るんですか?   そのロープで?』
『いあやー エレベーターまで歩いて行って屋上まで、そして屋上のロープを横にずらすんです・・・・』

聞いてみてなるほど!
手を使って上る作業はできるけど、12階までは 疲れるのでしませんとの事

そのロープ金具の頑丈な造りと 腕っぷしの強そうな職人さんの格好に・・・感心しながら
新しいビルも、このような人たちのメンテナンスがあればこそと 眺めながら帰宅した

  四国書道展5    ビル清掃3

この記事のURL | 現場リポート・環境 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
現場リポート
- 2018/11/11(Sun) -
伏石の庭1

一昨年浴室のリフォームした家のコーキング補修。シールしてくれる職人さんとお家の方の都合により、日曜日朝になった
仕事は一時間ほどで終了。
その間、ご主人は庭の木に水遣りをされていたが奥のところは自動散水設備が施されていて少し手間が省けるが、それでも一時間はかかっていた。
手入れの行き届いた北と南の大きく見事な庭です。・・・・・庭師さんの Oさんの 取り組み姿勢が尋常でないことをこの庭が教えくれます。

坂出の現場を シール業の Aさん と見て回り、 天気が良かったので、中山町の山の上まで年賀状用の写真を撮影しに行ってきた。
雲の少ない、気持ちのいい一日でした。
中山町1 中山町2


この記事のURL | 現場リポート・環境 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
サザンカの咲くころ
- 2018/11/10(Sat) -
三木田中足場2

三木町でのリフォームの現場
鋼製単管足場とサザンカの木が干渉するので、お客さんの了解を得てサザンカの枝を切らせてもらった
ようく見ると、蕾がびっしりついて、まもなく満開というところ
現場担当者にこれは切り花にして生けると花開きますというと・・・・
そのまま切り枝を車に乗せて持って帰られた

庇部分の補強と塗装のリフォーム開始です

丸亀からの朝日、宇多津ゴールドタワー越しに見る

中山町から香西の埋め立て地を見下ろすとタダノの工事現場が見える、奥に霞んで見えるのは女木島

生花の稽古 まわるかたち:右回り作品   左回り作品 : 2点

サザンカ三木田中 サザンカ三木田中2

丸亀からの朝日2 香西の埋め立て地3

ガーベラ」2 ガーベラ4



この記事のURL | 現場リポート・環境 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
未来の記憶・田根剛展
- 2018/11/08(Thu) -
田根剛8
 朝一番の東京便の飛行機に乗り、夕方には帰宅する日帰り旅行

目的は、西新宿・東京オペラシティと乃木坂のTOTOギャラリー間で開催中の田根剛展を見るため
ウィークデイにもかかわらず、どちらも建築関係者の見学者が押し寄せていた

そして田根剛さんのリサーチする資料の多さと多様なスタディ模型に圧倒される、
コンペで落選したが、最終選考に残った新国立競技場も大きな模型で迫力満点

いつまでも眺めていたい展覧会でした
常日頃歩かないからでしょうか、早く着きすぎたので、歩いてみようと新宿西口から初台の東京オペラシティまで徒歩で
向かったのだが・・・・・会場に着いてから脚力が落ちたのだと・・・・・思いい知らされたな~

田根剛3田根剛4挑戦と失敗
田根剛10 田根剛9
田根剛7 田根剛5
田根剛6 田根剛11
 




この記事のURL | 現場リポート・環境 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
足場組立
- 2018/11/07(Wed) -
外壁足場組立2

リフォーム開始の現場にて、夕日を浴びながら足場を組み立てている職人さんたち
昼過ぎまで待っていたが、時間調整ができず、再び私がここにこれたのは夕方になってしまった

讃岐津田から坂出まで二往復、車の走行距離は200km
昼過ぎに、事務所で打ち合わせを挟んで、ずいぶん慌ただしく車を走らせた

職人さんたちは、しびれを切らして、シャッターを開けることを知らずに外から脚立を立ててよじ登ったとの事
苦労掛けました。
仕事を済ませて足場から降りてもらうときに、私がシャッターを開けると・・・・・へ~ なんや~ と言わんばかりに
苦労したことが無駄だったとため息をついていた

すぐ横の畑の畔には・・・・・ピンクのコスモス・・・・一日の疲れをいやすように咲いていた

ティーブレイクには、西内花月堂のパウンドケーキと紅茶(アールグレイ)

コスモス32  西内花月堂パウンドケーキ


この記事のURL | 現場リポート・環境 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
仕事の終わり
- 2018/11/02(Fri) -
仕事終了

朝から少しずつ打設してきた、捨てコンクリート

来週月曜日には、一棟目のコンクリート打設がほぼ完了
いよいよ二棟目の順番です
ミキサー車の運転手も、あと少しという安ど感が背中に出ている
釣べ落としの夕日が間もなくみられるころ

今日は空気が澄んで視界がよく、瀬戸内海越しに岡山県玉野市のクレーンがよく見えた
まだまだ全体像が見えてこない、山の上の現場

帰りにいつものように香西の海辺の墓地へお墓参りして帰ってきた
バックミラーにちょうど夕日が映り込んで、一日の終わりを教えてくれた

今日のスイーツは熊本・誉の陣太鼓。 ロイスダールのショコラ。 もっちり塩味大福
そしてアールグレイにミルクを入れて飲む

バックミラーの夕日2  誉の陣太鼓ロイスダールのショコラもっちり塩味大福


この記事のURL | 現場リポート・環境 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
ことばをたいせつに
- 2018/10/14(Sun) -
松山市役所2

片道 190 km 高速道路を走って、松山市の建築指導課へ定期報告の件ではじめて伺った
一階の施設案内板を眺めていると、すぐ『 どちらへ行かれますか ? 』 と市役所の人が声をかけてくれる
9階が建築指導課とわかると、そこへ行くのにEVの場所も、追って 知らせてくれる
建築指導課の 廊下部分に一人の人が立っていて、 どの人に尋ねようかと 視線を左右に眺めていると
 『 どのような、 用件でしょうか ? 』 と 尋ねてくれる

すぐに、担当者へ用件を知らせてくれて、しばらくすると・・・・打ち合わせテーブルまで来てくれる

これほど親切に声をかけてくれる官公庁があったろうかと思いながら、帰りの時一階のロビーで再び案内板を見つめていると
また  『 どちらをお探しですか ? 』 気さくに尋ねてくれる 市役所の人

そしてその人たちの 過干渉ともいえる親切ぶりに感心しながら ロビー上部の懸垂幕を見上げる

『 恋し  結婚し  母になった  この街で おばあちゃんに なりたい ! 』

ことばを大切にする  松山    市庁舎外壁の懸垂幕にも掲げられていた通り

ほっこりした気持ちを抱えたまま、帰りに 久しぶりに 『 伊丹十三 記念館 』に立ち寄って

建物外にある、カツラの木と オオデマリは 我が家と同じだと思いつつ 中に入る・・・
伊丹十三の笑顔を眺めながら・・・・ 中庭の カツラの木 を見入って 松山を堪能させてもらった

松山市役所3  伊丹十三記念館3

伊丹十三記念館2  伊丹十三記念館1


この記事のURL | 現場リポート・環境 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
台風24号
- 2018/09/30(Sun) -
台風前2
 天気予報はこんなにも当たるのでしょうか?
はるか遠くフィリピン沖に発生したころから、大型台風が日本にやってくると・・・・すぐさま予報を立てた
そしてその通りに、沖縄から日本を縦断するようにただいま四国沖を時速45kmで進行中
ひどい風が吹くのにつられてでしょうか・・・・お客様から、雨漏りのお知らせの電話・・・・・
前回の21号の時はかかってこなかった徳島のリフォームしたお客さんからです・・・・・・

早朝から、三本松のホテルには雨漏りの準備ができているのか? 確かめるように視察に伺う
その足で、朝から生花の研究会。休みにされるのかと思っていたが・・・・時間を切り上げて実行された
成績は90点 残念ながら準優秀にはならなかった

県民ホールからサンポート方向を見ると雨のしぶきで駅方向の建物が霞んで見えます
台風の影響ははっきりしています

今年香港へ行った折に気になった、車のエンブレム
日本ではあまり見かけない車だが、スポーティーなシルエットは印象的だった
本日エンブレムを思い出しながら、NET検索・・・・・して分かった
アメリカのテスラ社の車ででした
この電気自動車は後発メーカーながら高額でデザイン感覚も魅力的
香港の富裕層が乗るのもわかる気がしたな~~~  カッコよさが印象的

台風準備1  盛花二種生け2

yjimagePG0LVQ9S.jpg     テスラFront_Grill-1440




この記事のURL | 現場リポート・環境 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
雲の合間の青空
- 2018/09/26(Wed) -
力強い2

曇り空の朝日は日差しが見れないので、少し寂しい気もするが、視線を横にずらすと雲の切れ間に青い空が広がっている
この空にいつも雲の上は、晴天なんだと思わせられる

中山町の現場の造成工事と基礎工事は岩が出てくるので、苦労している
なかなか進まない、基礎工事に現場での変更項目を再検討して形状を考えているところ

帰りに、ふと思い出した六十数年前の墓地の景色
香西の海際に、その墓地はあった、父と兄と一緒に叔父の家にお盆に来た時
確か海辺近くのこんなところに・・・・我が家の祖先の墓はあったな~と思いながら探すこと30分

西側の別の墓地の中を探していたことが分かり・・・・お参りに来られていた人に別の墓地を教えてもらい
ここ、芝山墓地を教えてもらう
そして、やっと見つけた・・・・・六十数年ぶりの祖父母と叔父叔母のお墓
平成になって、亡くなられた叔父叔母の墓碑銘は新しく白い掘り込み文字がすっきりしていた

お墓近くで見かけた、彼岸花、事務所横の ランタナ・・・・秋らしく満開です

芝山墓地2  基礎工事2

曼殊沙華2  ランタナ33


この記事のURL | 現場リポート・環境 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ