猛暑の朝
- 2018/07/17(Tue) -
猛暑の朝3
白み始めた東の空が少しずつ、ピンク色に染まり始める
その向こうに、朝日が待っているのに・・・・今朝は5時を過ぎても顔を見せてくれなかった
霧の向こうのぼんやりとした朝日のことを思い浮かべて昨夜の暑さの残る中を三本松へ

車の中で聞くから特別なのか?
ラジオから流れる音楽で時々心が震える曲に出会うことがある
今朝は、 すっぴん! のいパーソナリティー ユージ さんが紹介してくれた一曲

聞かせるラブバラードのボーカル
Ed・Sheeranの 『Perfect』

[広告] VPS


坂出への往復で流れてきた曲名を聞きながら、交差点でメモを取る
netで探して you tube でダウンロード

坂出の現場は、お店が休みなので・・・・・・本日舗装工事。
残すのは、補修の塗装と美装のみ。
あと少しです。

そして今から、車で高知市へ出張・・・・・・大豊町あたりはどのようになっているのだろうか?
時間に余裕をもって、早めに出発!

アスファルト舗装3

スポンサーサイト
この記事のURL | 現場リポート・環境 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
「二十四の瞳」の思い出
- 2018/07/12(Thu) -
二十四の瞳 2
坂出の現場までの車中BGMは NHK 第2放送 の朗読番組 らじるらじる  より 「二十四の瞳」
朗読は香川出身の俳優:藤澤恵麻さん
この小説のあらすじのみ覚えていたが、詳細の内容はほとんど忘れていた

ちょうど、車が県庁通りにさしかかった時思い出す。

もう五十年以上も前、この通りの吉峰病院と、この小説は私の中で連動している
 中学二年生の時に、父に付き添われて、ひざのケガで三本松からこの病院に来た時。
私のけがは
少年の成長時期に激しい運動をすると剥離骨折する病気『オスグッド・シュラッター病』と教えられた
このけがのためにこの成長期の一年間は運動の制限を受けた辛い時期でもあった。
その日、吉峰病院で、局部麻酔をかけて、ドリルのようなもので剥離骨折した骨を小さく砕き、早く本体の骨に接着するようにする乱暴な処置だった。
父は、会社で印刷した教科書の小説 「二十四の瞳」 を三本松から来る時、汽車の中で  『これ読むかい…』と
私に手渡してくれた
今思うと、父なりの精一杯の気遣いだったのかもしれないと思う

手術も終わり、帰宅している時。
麻酔が切れかけたひざの痛みを抱えながら、三本松までそのまま帰宅したことを思い出す
そして初めて読んだ小説がこの坪井栄の出世作『二十四の瞳』となった
14歳の私には、この小説の時代背景、心理描写や、心の機微をほとんど理解できていなかったのでは・・・・・と思う。

六十を超えてこの小説の朗読を聞くと・・・・また新鮮な気持ちで聞くことが出来る。
痛かったひざのケガと共に・・・・

坂出の現場は、本日外壁塗装 終了
引田の網戸は・・・・枠を工夫して・・・アコーディオン型の網戸をつける方向で検討中


オスグッドシュラッター病2図解   外壁塗装2



この記事のURL | 現場リポート・環境 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
大雨の中を
- 2018/07/06(Fri) -
雨降る中
降りしきる雨の中を、今朝も事務所から南の田んぼを眺めると、車を止めて作業をしている人達がいる
農作業にはこの雨は苦痛だろうと思うが、野菜の収穫時なのかもしれない。

西代川は、水位を上げて濁った水が流れて大雨の様相を教えている

昨日の坂出の現場では、内装工事の最終日、 『既存の床のタイルがはがれている所があるので補修して欲しい』 との事

急遽、仕事の内容が同じなので、補修をしてもらっていると事

外部の仕事が未完成なので、養生の上に養生・・・・ブルーシートをかける
この雨は、外壁工事が進まないが風のない事で、何より気が楽になる

お陰で、車に積んでいた作業用のカッパは乾く時がなく・・・・・・帰宅すると自転車の上で一休み

タイル補修3  タイル補修2

タイル補修1  レインコート2




この記事のURL | 現場リポート・環境 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
高松港
- 2018/07/05(Thu) -
高松港全景

日曜日に観た、高松港の全景
県民ホールの4階から望む、西はサンポートの処から東は屋島まで
抜けるような青く澄んだ空と白い雲、瀬戸内の晴天の景色は清々しい気持ちにさせられる

事務所横のスズメの巣からさえずりの声は聞こえなくなった
勝手口の足元には巣から落ちてきたスズメの卵
野鳥の襲われては全部撤退してしまったのだろうか?
静まり返ると勝手口のことろも寂しい気にもなる

深夜の楷書稽古
金子鷗亭 臨書 唐・顔真卿(がんしんけい)・李玄靖碑(りげんせいひの)・祭姪稿(さいてつこう)

スズメの巣 スズメの卵2

金子鷗亭臨書

 
この記事のURL | 現場リポート・環境 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
頭上の朝焼け
- 2018/07/03(Tue) -
朝日火曜日3

朝日火曜日4   アメリカハンゲショウ3
深夜から放映されているワールドカップの試合を観ながら身支度を整え、着替えて車を出して・・・
最後の挽回される頃には、大川オアシスの駐車場に車を止めて聞いていた

目の前には見事な朝焼けのパノラマが360度、朝焼け雲に包まれているような壮大な景色
刻々と変化する試合展開にハラハラしながら  朝焼けの景色のダイナミックで力強い展開の様相に感動

雲のまにまに見える景色は、ハッブル宇宙望遠鏡が撮影した宇宙の惑星写真の景色とそっくり・・・

事務所横の石臼に生けたアメリカハンゲショウは花の穂を伸ばしてエネルギッシュ

坂出の現場は、狭い中を大工さんと家具屋さんが入れ替わりながら仕事を進めて
外では、バリカーの取替を済ませる

昨日、一昨日の楷書と行書は西川寧 臨書

ティーブレイクは、水大福とミルクティー

楷書 西川寧臨書  行書 西川寧臨書

水大福3




この記事のURL | 現場リポート・環境 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
アオサギ
- 2018/06/20(Wed) -
アオサギ3
早朝より餌を求めて、事務所横の堤防にアオサギが来ている
雨に降られながら一匹で周囲に気を配りながら

坂出の現場は、解体がスタート
解体中に配管に傷をつけたので、給水の補修をしながら

土間下の配管工事も本日終了
雨の中、 Mさんは 一人コツコツやってくれました
山の上では、高松市役所建築指導課の人が建築基準法の接道の境界確認と証明書に必要な表示を言われた

再び振り戻しで、今から再度、確認申請の再提出へと進める予定

そして昨日見た、国道11号線、丹生落合付近からの朝日の景色、車を止めて撮影 am05:05

解体開始1  解体終了5

配管終了3   落合日出34
 
  
この記事のURL | 現場リポート・環境 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
リフォーム養生
- 2018/06/18(Mon) -
仮設養生4
今日から始まった、坂出の レストランのリフォーム工事
2m角の便所の増築なので、ささやかと思っていたが、営業中に工事を進めるので養生も気を遣う
几帳面で、仮設ではこの人に任せていたら安心という・・・ Iさんに床の養生とシートを設置してもらう
ビシッーと隙間もなく組んでくれた

外では、散水栓の移動とコンセントの設置
鋤取りして初めて驚くこと!
縦樋が縦にずれて下がっている
周囲を見ると、玄関の土間も アスファルトも・・・・沈下して下がっている
昔塩田だったというところは、埋め立てしても、このように地盤沈下する
設計者としては冷や汗の出るシーンだろう

仮設工事を慎重に進めていたので
・・・朝7時45分ごろからしていたので、大阪の地震は坂出の現場には何も分からず、知らなかった
特に香川の西のあたりは、阪神地方から相当遠~いから

一息ついて、昨年作った、カリン酒をグラスにこ半分・・・・夕食後に飲んでみた

仮設2 仮設3

カリン酒2  カリン酒3



この記事のURL | 現場リポート・環境 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
長期にわたる役割
- 2018/06/06(Wed) -
日の出2
さぬき市の固定資産評価審査委員会が新しい職員の皆さんとともに開かれた
審査委員は一般から5名
市制合併前の各町から一名ずつ
でも昨年から市外の人も参加されるようになった
この中で一番の古株が私。
津田町の評価補助員をさせてもらった時代から数えて・・・・・・25年ぐらいになり
さぬき市の合併が2002年なので、それからでも16年経過したことになる
いろんなトラブルごとを経験しているのは、私一人なので・・・役を辞退させてほしいとお話ししても
市の担当者も、まともに受け止めてくれない・・さらに各委員さんも、ご自分も辞退したいという人は居ても
まともに受けあってくれそうになかった・・・・・

この固定資産にかかわってずいぶんと勉強にはなったが、世代交代も必要だと思う
新しい人が市の税収状態を理解するのもいいと思う。

なかなか・・・・・新人と交代させてもらえない今の審査委員の役職

私が、市の行政上25年以上も同じポストに居続けるのも問題ではないでしょうか?
少しは身軽になって、新しいことにシフトさせてほしいと・・・・思うこの頃

大川オアシスからの昨日のAM5:00の朝日、オレンジ色鮮やか生き物のように刻一刻と変化しながら昇る様は誠に綺麗

早朝の三本松のお墓参り
軍人墓地の碑文・ 守分安命

文字のバランスよさに、いつも感心しながら目を奪われる
やわらかい筆さばきとダンディーな縦長のプロポーションが素晴らしい!!

守分安命

この記事のURL | 現場リポート・環境 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ホームページ検討中
- 2018/05/28(Mon) -
鳴子百合
鳴子百合と黄中菊を使った、
土曜日の生け花の稽古

写景盛花・様式本位・直立型
立日陰は用意してきたけど、今回は使用せず
3か月前の立日陰は冷蔵庫の中でまだ健在中・・・・長持ちするものだ

鳴子百合の茎が弓なりに反っているのでそれを生かして前傾させながら全体を群生させるように

昨年から取り組み中のホームページのリニューアル検討案
もう少しすっきりと白い表現がいいのかと・・・webデザインの Hさんと相談中

http://ryoplan.xii.jp/
ホームページ検討中  ホームページ検討中2



この記事のURL | 現場リポート・環境 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
真骨頂
- 2018/05/03(Thu) -
玉藻寄席

柳家さん喬含めて、今年四度目の落語観劇

2015年以来、三年ぶりの玉藻寄席、立川志の輔 独演会
レグザムホール小ホール800人の観客をしっかり受け止めて、普通に自分の世界に引き込んで落語二題
「ハナコ」:45分
「帯久」:90分

当代一番人気の落語家らしい見事な噺でした

特に「帯久」は落ちまで志の輔独自の解釈で聞かせる話だった
途中、観客の携帯電話のコール音が長く響いて・・・・聴衆の気持ちをいらだたせるような雰囲気にもなったが
そのことに気に留めるでも無く、途中くクスグリを入れながらダイナミックな展開で聞かせてくれた

もう一つは、長唄三味線の 松永鉄九郎さん の 演奏
プロならではの真骨頂!
説明をしながら見事な技を聞かせてくれました

レグザムホール1  玉藻寄席22



この記事のURL | 現場リポート・環境 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ