FC2ブログ
食パン
- 2019/04/25(Thu) -
モグモグ1 モグモグ2
ここ数年は毎日食パンを食べるようになり
いろんなところの食パンを食べてきた

マルナカのパンコーナーの各種食パン
乃がみの柔らかい食パン
ゲルンの 圭
三本松のモグモグの和三盆食パン
それぞれの食パンを 4枚切りの厚みで

BALMUDAトースターで焼く
オリーブオイルとブルベリーを塗って
アールグレイのミルクティーと共に頂く
やはり焼たては・・・・・・~~美味い!

モグモグ3 BALMUDA2


スポンサーサイト
この記事のURL | 菓子・料理・飲食店 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
スイーツ 二店舗
- 2019/02/08(Fri) -
羽立峠から朝日2 ショップカード3

朝三時半に起き出して、高松東ハゼの家庭倫理の会へ出席
実践報告を頼まれていたので、7分間スピーチを済ませる

7時過ぎに津田まで帰り、羽立峠まで来ると 雲の合間に朝日の昇るところだった
車を停めて、カメラで写す
いつもこんなに早く起きないので、早朝の時間に余裕がある
そして再び、午前中に高松へ
帰りに、香川のスイーツに掲載されているお店を探訪してみようと2店舗立ち寄る

松島町の<ル・タン・デ・スリーズ>
丸の内の<リュ・ド・シュープリーズ>

それぞれのお店で、チョコを購入して帰宅する

スイーツの魅力は視覚に訴える美しさとどんな味がするのかと、見る側の心を膨らませる味の予感です
値段も安すぎると期待しなくなるし、高価すぎると権威主義的で買う心が萎んでしまう
心弾むようなデザインの楽しさと、口に含んだ時の触感、食べた後に残る甘い余韻
そのすべてが総合的にお手ごろな価格で楽しめる

ディテールに神が宿るという言葉があるが、
パティシエのスピリッツを小さなチョコとして味わうことができる楽しみとでもいえそう

一口で含めてしまう、インチサイズ立法体の中にどんな個性を込めることができるのだろうか
何処かで見かけたような気もするが、変化を加えながら一歩前に踏み出したような新しい試みを
そのチョコから感じ取ると、感心させられる瞬間でもある

チョコファンにはお勧めの三本松のリュトロバイユと同等に品質とチョコへのこだわりを感じる2店舗です
特に<リュ・ド・シュープリーズ>パティシエの書かれた、細かい配合比と成分の記載は好感です

紅茶とこのチョコを摘まみながら、仕事開始~

シュープライス1 シュープライス2

スリーズ1 スリーズ2





この記事のURL | 菓子・料理・飲食店 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
メニューのネーミング
- 2019/02/04(Mon) -
1小さな楽しみオードブル menu 1

生花の支部総会と新年会を兼ねて、高松駅前のホテルで昼食を頂いた
日頃なれない、フレンチのメニューを見て、シェフがこのメニューを考えて提案したのであろうと・・・・眺めつつ
次々に料理が運ばれてきた
最初の
「小さなお楽しみオードブル」と名付けられた料理だけ中身が撮影できなかったが、その楽しそうなネーミングに感心しながら頂く

ミカンの形をしたパンが新鮮!
フランス語もちゃんと書けなければ、フレンチのシェフは務まらないのだろうかと、余計な心配をしながら
いろんな料理を楽しめた、料理でした

2真鯛のカルパッチョ 3人参のロワイヤル

4みかんのパン 5国産牛フィレ肉のポアレ

6文旦のパルフェアイス
 



この記事のURL | 菓子・料理・飲食店 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
うどん松下
- 2018/10/16(Tue) -
うどん松下1

高松し中野町の「うどん 松下」へ久しぶりに食べに行ってきた
ちょうど、長女が帰省した折、地元ならではの食べ物をというリクエストに答えて
こだわりのセルフうどん店・・・中華麺とうどんの半分ずつならば・・・・このお店は、ちゃんポンという
でも私は、普通のうどん一玉と天ぷら二つ ⇒ ¥380  長女もこの安さにびっくり

めんつゆが中華麺にも合うので、いつもコショウをかけていただく
こればばっちりうまみをそそるコンビネーション。

店内は中国からの観光客も増えてきていて、中国語と日本語がちゃんぽんです
外に出ると、隣の建物の階段で食べている人もいる
讃岐らしいうどん店風景

迎えに行った高松空港出迎えロビーのディスプレイは到着便の飛行機が写されて案内ぶりに感心

そして今朝は、空港まで送りに行く
帰りに、農免道路で見かけた、秋本番のコスモスが 綺麗でした

高松空港3


うどん松下2 コスモス1 コスモス2




この記事のURL | 菓子・料理・飲食店 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
8人の料理家
- 2018/10/02(Tue) -
暮らしの手帳2
今年の健康診断の結果を聞きに、近所のクリニックへ行った
結果は、特に問題なし・・・ウエストサイズが標準より50mmover
中性脂肪が上限数値ギリギリセーフ
脂肪分の摂取に注意といわれる!

待ち時間に、雑誌を手に取り読んでいると、気になった記事がありNETで購入
 「暮らしの手帳 96」 発刊依頼、息の長い個性的な雑誌ですが時代にマッチしているのか?
編集長、発行人も交代して・・・・・さてさてと覗く様な気持ちで読んでいたが
この特集記事: 料理家8人に聞きました・・・が俊逸記事!!

料理家こだわりの道具から個性的なメニューまで・・・取り組んでみたい料理ばかりです
その他、投稿記事、連載記事  など内容が濃い・・・期待以上です。

書道稽古進めながら、講師の先生に提出用を書いてホット一息~


   暮らしの手帳1     暮らしの手帳4

暮らしの手帳3 楷書篇 提出前3


この記事のURL | 菓子・料理・飲食店 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
料理から感じる作り手の意思
- 2018/05/30(Wed) -
サラダドレッシング スパイスピラフ
出されたサラダ料理を口に含んだ瞬間感じる感覚・・・・・
このドレッシングは丁寧に作り込んでいるな~  旨い!
野菜は特別な感じはしなかったが、ドレッシングがメーカー既製品のモノと少しだけど違いがすぐ分かる

美味しいものを作ろうという熱意
美味しさに手間を惜しまない努力
美味しいものを食べていただこうという愛情

そんなものをこのサラダを口にしながら感じていた
スパイスピラフも見た目で気づかない上品さとパンチ力がありいつも通り・・・おいしい

さらに仕上げのコーヒーがこくがあり深みがありその濃さがうま味になる

忙中閑あり!   お昼に友達といったお店で・・・・・・

料理の味わいには、お店の姿勢が確実に伝わってくるな ~  と思いながら
この記事のURL | 菓子・料理・飲食店 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
カツサンド
- 2018/02/19(Mon) -
井泉のカツサンド2
スーパーへ買い物に行った折、パンコーナーで食パンだけを買うつもりでいたが、棚の下のカツサンドが目に入り
食欲の潜在意識を刺激されたみたいで、そのまま購入した
そういえば、つい先日読んだ記事の事を思い出してその雑誌「男の隠れ家」②落語の未来~
夢枕獏さんの巻頭エッセイを思い出した
上野にあるトンカツ屋「井泉」のカツサンドが美味しそうなイラストともに書かれていた
カツサンドは暖かい内に食べるのに限る
そういう意味で、東京に住まいになられている人は、こんなおいしそうなカツサンドが食べられて・・・・いいな~と思いつつ

買ってきた、パン屋さんのカツサンドを冷えてもおいしいやと食べる
写真を撮るのを忘れていたので、最後の一切れのモノを写し撮る

ちなみにこの雑誌の内容であるが
落語の事が書かれている珍しい特集?
今、落語は静かなブームなのだろうか?
上方の落語家も東京へ進出して人気を博している<桂雀々>などもいるのを最近知った
この雑誌の落語家取材は、マニア向け、いっぱい楽しめました。

カツサンド32
 
この記事のURL | 菓子・料理・飲食店 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ピラフ
- 2017/12/24(Sun) -
スパイスピラフ2
スプーンにすくい、口にしただけで・・・・・胡椒の香りが鼻を抜けてくる・・・・
だのに・・・・なぜこんなに美味しいんだろう
見た目と違いその意外性に感動するほど

このお店には、これまで何度も足を運んでいたが、スパイスピラフは初めて
ランチメニューの最初に掲載している所からすると、お店自慢の料理なんだろう

その後色々netで調べてみて
スパイスピラフのこだわりの程度を検索してみた
先ず御飯:ブイヨンベースで炊き上げたバターライス風味
デミグラスソースを絡めたトッピングのあらびき胡椒の香りが 強めでこの料理を印象付けている

美味しい料理にはそれなりの、手間を惜しまない過程を経て作り込まれている
試行錯誤の取り組み姿勢が、料理人のこだわりと向上心を感じさせて
妥協しない姿勢がここまでの料理に仕上げたのかも知れない、などと思い浮かべる

和食料理人の基本が出汁にこだわる様に
この料理のこだわりのベースは、ブイヨンとデミグラスソースの取り組みだったろう
このピラフを頂いた時の感動は和食職人の
だし汁を師匠に味覚試験を受けていた和食職人の姿を思い浮かべる

カツオの香りと昆布の出汁が微妙に絡み合い、きつくなり過ぎず、ぼやけ過ぎず
ちょうどいい感じに仕上げる  和風の出汁・・それで作る、澄まし汁

コーヒーワークスのスパイスピラフはそんなことを連想させるほど、真剣に取り組んで作り上げられていると思う

もう一食、更にもう少しと思い出すほどのピラフでした
この記事のURL | 菓子・料理・飲食店 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
この品物は切れています
- 2017/10/02(Mon) -
土曜日、打ち合わせで高松に来たついでに、買い物をしてゆこうと
TABITOで紅茶を・・・と立ち寄るが、残念ながらお店は店休!
仕方なく、三越地下のお菓子を買おうと、三友堂のブースへ行く
カステラを買おうとケースの中をのぞくと
その品物の横に
『この品物は切れています!』 メッセージが書かれている

仕方ないので、『このカステラは、片原町の本店ではありますか?』:私が尋ねると
 『本店でも切れています』:店員さん
『じゃ~カステラは何処にありますか?』:私
『ここにありますよ~』:店員さん

『え~・・・・切れていますと書いてありますよ』:私
『はい! このカステラは切れています』:店員さん

その会話を二度繰り返す・・・・

そうか!!
カステラが 8つに カットしてあるという意味!
商品が欠品しているわけではない!!

思わず、笑ってしまう・・・・

そしてそのまま買う、高砂屋の金つばと、ビスケットと 3000円以上の買い物をして
駐車場費用を無料にするスタンプを押してもらう・・・・

丸亀町商店街のドーム下では、大道芸のイベントらしく、見物客がお祭り気分で集まっていた

そして週初めの今朝は、曇天の朝
それでも、予定通り坂出の現場で立ち会い、現場で相談する。

カステラ 切れている3  高砂や2

曇天の朝3  大道芸43


この記事のURL | 菓子・料理・飲食店 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
お中元
- 2017/07/26(Wed) -
同じ果物でも、どのようにして食べると
一番おいしいのだろうか・・
若いときはメロンにこだわった時があった
数年前から、桃にもそれを試してみた
美味しいものを、美味しく食べる
その方法は、調べて、実践して、何度も食べてみる
その工夫と、調査実践によって
同じ桃でも、随分と味わい方が違うことを知る
そして5年ぐらい前に描いた、お中元用の説明書を作るまでになった

以前は和歌山の桃を知人から取り寄せて、お中元に使わせてもらっていたが
ここ数年は、さぬき市の飯田農園の清水白桃を送っている
自宅用には、それまで待てないので近くのスーパーで品物だ出たら買って食べている

これは、自宅用の『飯南のもも』
食べ方は、イラストに示す通り
食べる直前に冷やして、カットして・・・・糖度が上がったところで食べる


御中元 桃ブロクサイズ  20140729    飯南の桃21

この記事のURL | 菓子・料理・飲食店 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ