FC2ブログ
孟法師碑 臨書
- 2019/07/15(Mon) -
臨 孟法師碑1 臨 孟法師碑2

<解説書によると>
孟法師碑(642年)は、孟静素という女道士の頌徳碑。初唐の三大家の一人、褚遂良の代表的な楷書の一つです。
清の王文治は「古拙幽深」(古代人のような素朴さがあり、静かで奥深い)と評しました。文字は扁平、あるいは方形。厚みのある線と豊かで大らかな字形が特徴です。
かつて比田井天来は、初心者にこの碑を学ぶようすすめました。天来の臨書も残されています。
碑は明時代に失われ、拓本は一つしか残っていません。


そこで、先日古本『比田井天来臨 孟法師碑』を手に入れたので
今日は、一日墨を摺り、臨書をしていた
墨を摺る時間と、筆をもって臨書する時間は同じぐらい

BGMに 竹原ピストルのCD を聞きながら・・・・

臨 孟法師碑3 臨 孟法師碑4


スポンサーサイト
この記事のURL | 書道・書棚から・整理整頓 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
サンポートのフリーマ-ケット
- 2019/07/14(Sun) -
フリーマーケット3 古本購入2
広報誌:みんなの便利帳より サンポート高松 大型テント広場の情報を知り、早朝に西町東の海岸清掃の後に是非行こうと・・・・・・
『海の見える一箱古本市&せとうちのみの市』 小雨降る中 観に行く
パンとかコーヒージュース類まで販売して若い家族連れがたくさん来て大盛況

私は若松英輔の本など・・・古本を三冊
目的の書道の古本はここには無かったので、松島町の讃州書店で二冊
超満員の盛況ぶり、途中知っている人から、声を掛けられたが・・・・・駐車禁止地域に車を停めたので・・・・慌ただしくてゆっくりお話ができなかった。
イージス艦 きりしま もゆっくり見られなかったが・・・・・・その大きさに圧倒された!

古本屋の隣の松島町では、ちょうどお祭り準備中の「向良神社」 松島  初めて拝殿まで足を運んだ

のみの市1 のみの市2

のみの市3 のみの市4

のみの市5 のみの市6

護衛艦きりしま 高松の向良神社1





この記事のURL | 書道・書棚から・整理整頓 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
天然石薪ストーブ
- 2019/07/13(Sat) -
薪ストーブ43 薪ストーブ44
中山町の家で今度扱う薪ストーブは、アメリカのハースストーン社製の石で周辺を囲んだタイプ
厚さ32mmのソープストーンはストーブとしての蓄熱容量が大きく、輻射熱のデリケートさも、金属製のストーブとは一味違うと
メーカーのカタログ説明
ストーブの近くが熱すぎず、安定した穏やかな暖かさ
エアコンの空気暖房の効果とは比でないという・・・・・・・このコメントがひきつけられる!

毎年の如く世界中の薪ストーブの進化ぶりに感心させられた・・・・・週末の打ち合わせでした

昼からは、生花の稽古・・・・二度目の・・・・・観水型   
研究会まで、残すは後一週の稽古を残すのみ  

薪ストーブ45 そけいとバラ43


この記事のURL | 現場リポート・環境 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
仏生山の森
- 2019/07/11(Thu) -
仏生山の森1 仏生山の森2
かつては県の農業試験場が広がっていた仏生山の線路沿いの敷地
今では、宮脇町から市民病院が引っ越してきて<高松市みんなの病院>ができ
線路を隔てたここには、企業プロポーザルで選ばれた、谷口建設興行グループの「仏生山の森」分譲地になった
更に試験場の建屋があった北側ゾーンは、交流プラザ等が完成する予定
それぞれ20年来の県と高松市の合同の肝いりの物件
讃岐うどんが有名になり始めた時、この敷地はうどんに最もふさわしい小麦を造ると称して品種改良がなされた場所
更に、お米の品種改良も「おいでまい」が生まれた地でもあった

様々な、農業の試験場はこの地が県内の中心だった

ひまわりが満開に咲いたこの畑は、いつしか観光の地になるのかもしれない
品種改良で農業を振興させた頃を忘れたかのようで少し寂しさもあるが、にぎわってくれる楽しさも・・・期待できる

ひまわりの多さと見学者の多さに驚きながら・・・・

後から、仏生山、法然寺横の平池まで足を延ばし
イワザラコザラ 伝説の碑を久しぶりに眺めに寄せてもらった・・

池中央の石柱には 人柱ならぬ、カラスが二匹留まっていた

仏生山の森3 仏生山の森5

仏生山の森4 平池1

平池2 平池3






この記事のURL | 現場リポート・環境 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
雨後の山の上
- 2019/07/11(Thu) -
朝日55 オアシスの猫21

東の空が少しづつ茜色の染まる頃、大川オアシスの足元では二匹の猫が蝉の姿をみつけて、からかうように追いかけている
口にくわえても、猫は食べようとはしない。
この虫は、食べ物ではないと分別しているのだろうか?

今日の山の上は、浄化槽の埋め込みと仮設水道の繋ぎ込み、明日基礎コのコンクリート一回目の打設予定
展望台からは遥か向こうに小豆島や対岸の岡山がよく見えた

山の上ドローン12 展望台から豊島方面2


この記事のURL | 現場リポート・環境 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
スキップして帰る
- 2019/07/09(Tue) -
  スキップ2        松山市役所2

西代川の橋の上を、小学生がスキップしながら帰っている

家に何か特別楽しいことが待っているのだろうか?
それとも今日、学校で楽しいことがあったのだろうか?
心弾むようなことを、その足元の仕草は教えてくれる

昨年松山市役所の懸垂幕には、
『恋し 結婚して 母になったこの街で おばあちゃんになりたい! 』

このコピーにはスキップして帰宅した少女の姿が この街で・・・かつての出来事として連想させる

今日の高松市市役所はその反対のような景色だった
玄関受付の上に掲げられた額には 地元が生んだ詩人 河西新太郎の 新市庁舎に対する
『今ぞ 光の扉を 開け』 
と市庁舎に対する いかにもの・・・・メッセージが 掲げられている

しかし誰も見ようとも・・・・まして読もうとしている人は見受けられない

2階の 障害福祉課 9階の 建築指導課も

松山市役所の 声掛けをしながら 近寄ってきてくれる 市役所の職員は ここにはいない
高松市役所のサービスはやはりこんなものだと・・・・・・思った

中山町の山の上では基礎工事が 始まって 少しずつ建物の形がイメージできる

早く姿を見たいと・・・スキップしたい気分で 瀬戸内の海を見る

高松市市役所 1 高松市市役所 2

高松市役所 今ぞ 基礎工事1


この記事のURL | 現場リポート・環境 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ