眩しい朝日
- 2018/04/19(Thu) -
眩しい日差し
今朝も六時過ぎに東の空を見上げると、眩しいほどの朝日が昇っていた
昨日の曇天の朝日とはずいぶん異なる
今日は暖かい一日になりそうです
一昨日の三本松ロイヤルホテルの一日で完了する補修工事
昨日は、中山町の現場調査~三木町の現場測量

ホテルの車寄せの前に咲いている ドウダンツツジ 白い小さな花が満開です
このつつじは、秋に紅葉してもう一度目を楽しませてくれます
繊細な枝ぶりとこの房のような花が何とも言えず優雅です

昨日見上げた大川オアシスから見た曇天の朝日
見上げる一番上の空は青く・・・・・馬篠の海は銀色に輝いていた

ドウダンツツジ2    三本松の補修工事

曇天の空1

スポンサーサイト
この記事のURL | いつもの独り言・自然に言う | CM(0) | TB(0) | ▲ top
花粉飛ぶころ
- 2018/04/16(Mon) -
瓶花3
屋根のある駐車場に停めておいても、薄っすらと粉をまぶしたような粉塵が積もっている
先日、洗車をしたばかりだが、これではまた同じこと
これほど多くの花粉が空中を飛散していることを教えてくれる昨今
鼻水が止まらず、目もかゆい、スギ花粉でなくヒノキの花粉が私には一番敏感に反応するようだ
一日中、マスクが欠かせない

それでも、花が好きなので、生け花をして庭の花をカメラに収めている
マツバギクの花は日差しの当たっている所のみ開花して日陰になるとすぐしぼむ
夕方からは当然しぼむ

先日の生け花: 瓶花
・ユリノキ
・スカシユリ
・鳴子百合

花留めの位置が決まるまで足元を自在に生けられるのは  何度も稽古が必要だと知らさせる
簡単にあきらめずに、根気よくいけ方を研究してやってみる・・・・今日も

K 社長が持ってきてくれた。。。法隆寺の中門の模型
仁王さんも中に納まっています!

そして台所から見る・・・・・今朝の木漏れ日の朝日

花粉1  花粉2

瓶花4  法隆寺中門

マツバギク2  マツバギク3

木陰の朝日  



この記事のURL | 植物・生花 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
春日和
- 2018/04/12(Thu) -
朝日を台所から
六時前に東の空に朝日が昇る季節になった
ちょうど、朝食を済ませて食器を洗って片づけをする頃、東の空を染めて上がってくる朝日に心まで明るくさせられる気分
毎日事務所まで歩いていく時・・・・・・いつも眺めている、お隣の Sさんの庭に桃色の小さなカリンの花が満開に咲いてきた
赤い葉が鮮やかなベニカナメの花も咲き始めて、春日和です

長いこと、倉庫で眠っていた Hヴェグナーの伸縮型のPP70テーブル
長男が引っ越した折に欲しいということで、Yチェアー2脚と 共に プレゼントした
使い古しの中古だけど、気に入ってくれたようで、テーブルも再び生かされた事を喜んでいることでしょう

カリンの花  ベニカナメ

ヴェグー円テーブル  ヴェグナー長テーブル途中

ヴェグナー脚部    ヴェグナー長テーブル



この記事のURL | いつもの独り言・自然に言う | CM(0) | TB(0) | ▲ top
心を満たすものを求めて
- 2018/04/08(Sun) -
書の中に2
フルスイングで振り抜いたバットから、快音を響かせて 猛スピードでセンター上空を超える打球はエンゼルスのホームグランドの有名な岩山まで届いた
地鳴りがするようなファンの歓声に押されるようにダイヤモンドを駆け抜けているのは、今年メジャーに移籍した大谷翔平選手 23歳

連日の活躍に日米の野球ファンに限らずこの選手の動向にマスコミもニュース番組でも注目の的
日本のプロ野球で投手とバッターの二刀流を進めてきた青年が世界中の優秀な選手が集まるメジャーリーグでも…果たして通用するのか?
プロ野球の先輩たちや評論家も注目するところでした
でも立て続けに連日のホームラン!
そして誰もが予想を超えてはるか上を進むこの打球のように、活躍する大谷選手に感動を覚える

ベーブルース以降、投手とバッターは分業化が進み一人の選手で両方を兼ねるのは なぜ諦めたのだろうか?
なぜ、大谷選手だけが誰もがなしえなかった、両方できる選手としてあきらめなかったのだろうか?

高校生の時にはピッチャーで4番を打つ選手は見かけるが、途中で皆どちらかを選択して専門職としての投手か野手に専念する

少年の頃からの野球大好き少年の心情を推測するとボールを投げることがとにかく・・・大好き⇒ピッチングを極めたい
そしてそれに勝るとも劣らない、バットを振ってボールを遠くへ飛ばすことに快感を覚えた少年にとって⇒スラッガーになりたい
みんなが途中であきらめることを、諦め切らずに追い求めて、上達し、追及し続けたい気持ちが心の中から消えなかった
恵まれた体格、野球を進める環境、先輩や指導者にも恵まれ、それらのチャンスを失うことなく生かしてきた才能も、出色のものがある

もっとスピードボールを投げたい、コントロールよく投げたい
バットコントロールよくどこへでも打ち返したい・・・そのような心の叫びが消えなかったのだろう
それは一人の少年の心の叫びで始まったが、大きな志として世界の舞台でも通用させて活躍したいと広がったのだと思う
その自信にも似た、挑戦する意欲はどこから来るのだろうか?

その大きな志は、人間的にも謙虚で誠実なことと共に何よりも努力を惜しまない日常の生活態度にも表れてくるものだと思う
今年のシーズンが終わった時にどれだけの結果が残せたか期待は膨らむばかりだが
東北の野球少年の志が世界の人々の期待と夢を膨らませている波及効果と、挑戦している姿勢に、尊敬の念さえ抱く

そんなことを想いながら、日曜日の今日は生け花と書道の稽古
丹頂アリウム・トルコ桔梗・カスミソウ  

書道は今月の調和体
『 書の中に 貴い生命が 宿っている 』

大谷翔平1  大谷翔平2

大谷翔平4 ひらくかたち正面性2










この記事のURL | いつもの独り言・自然に言う | CM(0) | TB(0) | ▲ top
山桜の散る頃
- 2018/04/06(Fri) -
中山町 極小
幹線道路からは見えないが、五色台の上では、山桜、コブシの花が散り始めている
小雨の中現場の再確認に立ち寄った景色
瀬戸内海を見下ろすと
少し肌寒いが景色は抜群

我が家のスノーフレーク、チューリップ

朝日の差し込む台所からの景色

山笑う中山  スノーフレーク1

チューリップ開花  朝日の窓2


この記事のURL | 植物・生花 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
山笑う
- 2018/04/04(Wed) -
山笑う1
今朝のラジオ番組(~道場洋三です)でゲストの俳人 黛まどかさんが

『 山笑う 遅れがちなる 遍路かな』 の句を説明されて

山が新緑の緑や山桜のまだら模様などになっていることを、「山笑う」という 早春の季語だと教えてくれた

その言葉に誘われて、山桜が満開の火山を見上げる
先日 観に行った 山奥の アズマヒガン 推定樹齢千年の大きな桜が満開でした
白く小さな花を可憐に咲かせて見事、隣に二代目の桜も咲いていた

その足元で咲いていた ミツマタの花
我が家の庭は朝日に匂う・・・ボケが満開
ライラックも開花
チューリップも開花
先日頂いた、乙女椿も開花しました

山の桜1  山の桜3

山の桜2      アズマヒガン
 

ライラック開花  ミツマタの花 

乙女椿開花  チューリップ
  


この記事のURL | 植物・生花 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ