FC2ブログ
カワラヒワ
- 2020/04/02(Thu) -
カワラヒワ 群れ3 カワラヒワ群れ2
ビューンビィーンチュンチュン コロコロ~ 小鳥のさえずりの音が異様に騒がしい
外に出て、川底を見て見ると、あまり見かけない鳥の群れが十数羽 
さては、最近の新型コロナウィルスの噂話で持ち切りの人間たちのことを情報交換しているのだろうか?
後で野鳥図鑑を調べて、この鳥たちは カワラヒワ という名前だと知ったが、元気のいい鳥たちだ

カリンの花、モッコウバラの蕾、ハナモモ 等
庭の花たちも、机の横のアマリリスも満開

カリンの花3 アマリルス四方咲
モッコウバラ4 ハナモモ4



スポンサーサイト



この記事のURL | 植物・生花 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
春の息吹
- 2020/04/01(Wed) -
ふきのとう1 アマリリス54

世相を反映するかのような淀んだ空気そのままに一日中雨の降るエイプリルフール
もう聞きたくないが、やはり気になる新型コロナウィルス情報
感染者が何名増えたのか、そのたびに市長や知事さんが同時中継で放映される

真庭市の山の上では、エドヒガンサクラが満開、新旧の桜の大木の枝の先端まで花がついている
1000年は優に過ぎているという醍醐桜は幹回りの補修後が痛々しいが、存在感は若い桜にないものを見せている。
足元のフキノトウも満開
事務所のアマリリスも4つの花を見事に開花中~

エドヒガン1 醍醐桜2

この記事のURL | 植物・生花 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
出自(しゅつじ)
- 2020/03/30(Mon) -
森友問題21 佐川局長国会答弁
昨今のメディアは新型コロナウィルスの情報と行政対応を敏感に発信しているが
その発信源としてのメディアや その情報源としての政府の重要人物たちは果たして信用できる人物なのだろうか?

森友問題で、近くにいたNHKの担当記者はあまりにも熱心に調査したがゆえにNHKを退社せざるを得なかった、上層部からの圧力
ここにきて、数年前の森友問題の責任を取って自殺に追い込まれた財務省の担当者の奥さんがその無念さゆえに
佐川さんも籠池さん夫婦も、安倍首相夫人も・・・・・・はたして信じられる人達だろうか
やっと今年、告訴して再び当時の担当上司と政府の安倍首相と麻生財務大臣がクローズアップされている

麻生さんも安倍さんも、幼い時から生活の苦しさや、弱い者の立場を経験したことがなく。安倍首相に至っては、幼稚園から大学まで受験の経験がない…そのことが自分の劣等感だという!
真実を国民からあぶりだされる側の人が、これでは身もふたもない。
 『本当に貧しく悲しい経験をしたからこそ、人に優しくなれる…』 といった、児童文学者:上條さなえさんの先生だった
山下先生の言葉を思い出す。

私達の国の責任者たちは、残念ながら上から目線で威圧することは得意だが、国民からの真の信頼を得ることをどこかに置き忘れて育ってきている。そんな彼らの出自(しゅつじ)なのだから、どこか人としての大切な神経が欠落して大人になってしまった
ここまで来て、そのことだけは、一国民として彼らを評価している。

私達の国のリーダーたちの資質と考え方は、残念ながらこれが現実なんだと思わざるを得ないな~

森友自殺 麻生大臣1 相沢冬樹 森友問題NHK
       相澤冬樹 安部官邸VSNHK


この記事のURL | 現場リポート・環境 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
花咲く休日
- 2020/03/29(Sun) -
アマリリス開花2 花桃照手桃開花2

家の周りも事務所の中も、花が咲き始め明るい雰囲気を醸し出している
赤い花を4ケつけて アマリリス 下に次の花芽が控えている
去年の選定が気になっていたが、北庭のライラックも 二つ 開き始めた
木瓜の花と 花桃が咲き始めて 庭がにぎやか
事務所内の桜花も満開

西代川の川底に セキレイの姿
『もう、寒くないもんね~』 と元気そうに

今朝から、頼まれ物のケヤキの表札を 彫る
硬いので、しばらくは指が固まってぎこちない・・・・・
もう少しで、完成
マスコミやその他、世間ではコロナウィルスの情報でパニック状態~
庭の花たちは、ほとんど関係なく見事に開花中。

ボケ開花2 リラ開花1
桜開花4 桜開花5
セキレイ3 表札彫り





この記事のURL | 植物・生花 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
図書の整理
- 2020/03/27(Fri) -
図書の整理1    カミュ3

昨夜のNHK/BSプレミアム 新日本風土記「京都 青春物語」
京都は学生が14万人もいる学生の街だという、何組かの学生たちや元学生だった人達(今は70才くらいの人たち)が今も青春の気分を謳歌している人たちを取材されていた。
中でも一番心に残ったのは、学生時代から収集していた古本を現在もご夫婦で古本を集めておられる人
一軒家のほとんどを書庫にするほど、古本の山。
同じものをダブって購入しないために、5000冊の書籍のリストをノートに記載して、いつも持ち歩いてそれで確認して古本を購入するという。
その几帳面さと、あまりにも図書館の閉架図書ヤードのようなすさまじさに圧倒された。
ほとんど仕事関係の図書だという、研究者らしい側面も垣間見れて
そのことを、奥様も納得づくで、むしろそのことをご主人から刺激を受けてご自分でものめり込んでいる風だった

私の場合、今日もアマゾンで柳澤桂子の本を購入しようとしたら、・・・・
この本は2005年10月17日に購入済です・・と表示される
NETならではのチェック機構だと安堵するが・・・・・だったらどこかにあるはずと
書庫を探すが・・・・・見つからない!
きっと、子供たちが借りていった中の一冊だろうと・・・・諦める

裏の書庫もスチールラックに置いている本は、奥と手前の二重に置いているので、見つけにくい
倉庫の新しい書庫も暗くて見えずらいので、懐中電灯をもって探しに行っているありさま

すっきりした、開架式の図書館のような棚が欲しい~
今日探し出した本、三冊
仕事が一段落して、読み耽る。
お陰で、仕事の進捗状況が・・・・遅くなるな~
       柳澤桂子1             柳澤桂子2

この記事のURL | 書道・書棚から・整理整頓 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
瓶盥(ビンダライ)
- 2020/03/26(Thu) -
火山のヤマザクラ2 火山遊歩道2
山のすそ野から咲き始めたヤマザクラを観ると斑点模様のように見える
しかし山へ登り桜の木の下から見上げるとかくも違うものかと、満開の桜花を見上げる

昨日西教寺奥の院まで登ったので、今日は昼前に現場からの帰りに火山(ひやま)頂上を目指して登る
途中、見晴らしの効く瓶盥(びんだらい)に立ち寄り眼下の我家のある街並みを眺める
瓶盥からは、遠く馬篠の絹島・丸亀も見渡せる
山の中腹にこのような池があるのが不思議だが、イノシシが水浴びに来るのだろうかそれらしき足跡、泥で濁った水面が印象的

遊歩道もここまではきちんと整備されているが、火山への登山道は極端に自然のまま
所々赤いテープが木に巻き付けてあり、アップダウンする山道を分かりやすくしてくれている。

さぬき市津田町で住み始めて39年間、初めて火山(260m)に登頂する

遊歩道からの道は思いのほか急こう配で滑りそうになる法面の連続だった。
頂上からの景色はほとんど望めず、周りの樹木に遮られて小枝の隙間から下界を想像する
先日見た夢の景色とは全く違う・・・・これが現実とばかりに


瓶盥2 瓶盥3
瓶盥4 瓶盥5鶴羽全景
火山山頂2 石積み2




この記事のURL | 現場リポート・環境 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ