FC2ブログ
短歌の刺激
- 2019/12/12(Thu) -
たとえば君

左胸の大きなしこりは何ならむ二つ三つあり卵(たまご)大なり  <河野裕子>

わたしよりわたしの乳房をかなしみて悲しみゐる人が二階を歩く <河野裕子>

亡き妻がなどとどうして言えようてのひらが覚えてゐるよきみの手のひら <永田和宏>

手をのべてあなたとあなたに触れたきに息が足りないこの世の息が  <河野裕子>

乳がんのために64才で亡くなった 河野裕子と 夫の永田和宏 の短歌は どこを読んでも胸を打つ
人は死んで何を残すのだろうと思う時、 歌人は 見事な生き方をした 短歌を残した

現場の休憩時間に「たとえば君」読んで胸を篤くする

中山町は足場も取れて、すっきりとみられるようになった
中では、電気工事、塗装職人、家具職人、大工さんたちが懸命に働いている。

中山町54 中山町55

スポンサーサイト



この記事のURL | 書道・書棚から・整理整頓 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
精神分析の本
- 2019/12/09(Mon) -
岸田秀21 岸田秀23

トランプ大統領が就任して、我が国の首相は、いち早くワシントンへ出向き
媚びを売る如く、へつらう一国の首相を見て、なぜここまで へりくだらなければならないのか腑に落ちなかった
トランプ大統領のリーダーとしての資質を疑う以上にこの人を選んだアメリカ国民の歪を信じられなかった
それに輪をかけるように、我が国の首相は自尊心というものがないのか、目が節穴そのものかと、
訪米する態度が信じられなかった

しかし、岸田秀の 『日本がアメリカを赦す日』を読み進めるうちに納得する所があった

・・・・・外から見ればアメリカの子分であることは明らかなのである・・・・・・

著者はフロイトの研究者らしく、性的なことから人間の本質を見つめる目
また翻って、国家観から政治的な視点に至るまで多様な見解を説明してくれている
賛否両論を発表当時受けたであろうことは明らかだが、明快な視点に興味の湧くことも満載
手元に置いて、何度も読み返してしまうのがこの本

映画監督の伊丹十三氏も対談で事細かく平たく質問している部分など・・・・・岸田先生の分析ぶりに異常に関心を寄せている

香川県丸亀高校出身の岸田先生の著書は・・・・読み応え十分の4冊です~ 仕事の合間に懸命に読んでいる
この記事のURL | 書道・書棚から・整理整頓 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
あの道 この道
- 2019/12/05(Thu) -
誰が通っても 筆文字2 レセプション兼食堂1
内装の全面リフォームが終了した、T工務店、四国支店
壁に掲げるアート類の一つとして、額を書いて欲しいと頼まれる
一度掲げる場所を見せてほしいと云って訪問, その額への要望を聞かせてもらった

ジョン・オクセンハムの「あの道、この道」という詩

掲げる廊下も見せてもらい・・・・・・私の文字で本当にいいのでしょうかと・・・・・
ふと不安がよぎる

近くには、速水史郎先生の瓦のオブジェ,  大西忠夫さんの 漆絵の額が掲げてあった

4階の、レセプションルーム兼社員食堂を見せてもらいながら・・・・ファシリティーマネージメントを進めている
新しい時代の事務所の完成に、最先端の時代を感じさせられながら、事務所を見せてもらった

頼まれた、額の書は・・・・今月下旬には、完成品を提出する予定・・・・・・・現場の仕事の合間に墨を摺る

掲げる場所1 速水史郎作品1


この記事のURL | 書道・書棚から・整理整頓 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
北浜での結婚式
- 2019/12/02(Mon) -
結婚式1 結婚式3
日曜日に長男の結婚式があった
場所は2年前にリフォームした北浜のギャラリーのいくつかの建物にて
外観はそのままに、新しく壁や祭壇を造り、古めかしい雰囲気を保ちつつ今風の若者にアピールするかのようでした

式から披露宴までの動画を写されていたカメラマンの3軸スタビライザーのユニークな動きに魅せられながら
大きいカメラの動画もこのように手振れが出ないように自由自在に柔らかく対応する動きは、ジャイロスコープか
時計のツールビヨンの機構のようで 見入っていた

披露宴終了後に、カメラマンの方から、

『ずーっと見られていましたね~』 と声を掛けられ

カメラマンも私の視線をずーっと感じ取られていたんだと・・・・ヒヤリ!

このカメラを見続けていたのは、どうやら私一人だったことを教えられた
そして自分の興味のある対象と仕事が連動していると自らの個性を教えられた一面でもあった

にぎやかな結婚式も・・・・・ここにきてひと段落
 また来年の春(6月)には長女が挙式予定

少しづつ片付きます。

結婚式4 3軸スタビライザー


この記事のURL | 現場リポート・環境 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
オーディトリアム
- 2019/11/29(Fri) -
サンポート大ホール2 サンポート大ホール3

オーディトリアムの一番素晴らしい風景はステージから客席を見たシーン
サンポート大ホールの3層分の吹き抜けと天井の形状を見上げながら
この建物を計画した設計者たちの興奮と意気込みを感じながら

2015年12月COP21のパリ協定を受けて
新しく2020年4月から法改正される、省エネ法についての解説と計算問題の流れを3時間にわたって講習を受けた
眠たいと思いつつ・・・・途中で、計算問題の仕組み聞きながら~20年前に初めて OMパッシブソーラーの仕組みを勉強した頃のことを思い出していた
東京三田の建築会館でOMパッシブソーラーの講習だった。
屋根面に受ける太陽光の熱エネルギーを暖房と給湯のエネルギーに還元しようという住宅の構造をパソコンの独自のソフトを使って計算して省エネを計ろうという実行計画
当時、3棟の住宅をこの手法で設計した。
今では計算ソフトと仕組むの特許期限も切れて、勢いをなくした。

熱還流抵抗の事などあの時代にしては詳細にシステムを考えてパッシブソーラーを検討したもんだと思い出す

午後から3時間かけて・・・
そしてOMソーラーほど緻密ではないが、時代はそれが当たり前になりつつあると・・・感じる講習会内容でした

大ホールのホワイエから見る瀬戸内の景色は秋の日差しを受けてその空気は、気持ちよさそうに見えた

住宅省エネ2     住宅省エネ1


この記事のURL | 建築・民家再生・住まい方 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
根来寺の紅葉
- 2019/11/27(Wed) -
根来寺1 根来寺2

山の駐車場から木々の葉の間を見上げると、青空が樹木の葉に囲まれて見える
赤く色づく葉とまだまだ緑の葉が陽の光を浴び様と枝を伸ばしている
足元のモミジの葉は、すっかり紅葉が進んできれいに伸びていた

現場からの帰り道少し遠回りして・・・・寄り道!!

五色台青峰山根来寺の駐車場からの景色
地元では有名な場所なのか・・・・紅葉見物の人達が、ここを訪れている。
駐車場は満杯




この記事のURL | いつもの独り言・自然に言う | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ